海南市防災・災害情報システム
地震のとき

避難をするときに

 ● 周囲の状況を判断して、まず身の安全を確保し、消防署員、警察官、市職員などの指示に従い近所の人といっしょに必ず徒歩で所定の場所に避難しましょう。車に乗って移動すると、消防車や救助活動の妨げになったりします。

避難先では

他人に迷惑をかけない!
 ● 避難所の責任者、係員の指示に従って他人に迷惑をかけないようにし、お互い協力しあいましょう。
正しい情報を!
 ● ラジオや係員からの情報を聞き、デマを信用しない。
協力しあう!
 ● 健康な人は、責任者や係員の指示を受け救助活動に協力する。
避難命令解除を待つ
 ● 二次災害の危険もあります。避難命令が解除されるまで帰宅しないで下さい。。

地震がおさまったら

 ● 家が壊れた場合、さらに倒れる危険がないかを確かめ、いたんだところはさっそく応急修理をする。
 ● 電線が切れたり、ガス管が壊れたりしていないか確かめる。
 ● 復旧作業の邪魔をしない。
 ● 家が泥水に浸かった時は、できるだけ早く床や腰板などを水洗いしてクレゾールなどで消毒し、家の中の風通しを良くする。 



  トップページ
海南市役所 : 総務部 危機管理課
〒642-8501 和歌山県海南市日方1525-6 TEL 073-482-4111(代)